2017/07/14 18:00

チケットの高額転売を問う意見広告が「朝日広告賞」 65年の歴史で異例の受賞

授賞式に出席した(左から)日本音楽制作者連盟の野村達矢理事、コンサートプロモーターズ協会の中西健夫会長、日本音楽事業者協会の中井秀範専務理事
 日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会、日本2.5次元ミュージカル協会の5団体及び100組を超えるアーティストやライブイベント主催者による、意見広告「私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」が14日、『第65回朝日広告賞』で「準流通・エンターテインメント部門賞」を受賞した。チケットの高額転売は近年社会問題化している。65年の歴史をもつ同広告賞において、意見広告が受賞することが異例ともいえる。

【写真】チケットの高額転売を訴える意見広告

 同意見広告は、コンサートチケットを買い占め、不当に価格を釣り上げ転売する個人や業者が横行している問題への対策として、昨年8月23日に、朝日新聞などで全15段で掲出された。また同日には、日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が、チケット高額転売取引問題の防止を求める共同声明を発表した。現在、日本2.5次元ミュージカル協会や国内アーティスト195組、および32の国内音楽イベントも賛同。チケットを適正な価格で売買できるシステムの構築やネット上の高額転売を取り締まるための法整備を訴えてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >