2017/08/05 18:50

主演・町田慎吾、平和な世を夢見る秀吉を熱演「戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』」が開幕

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』で主演を務める町田慎吾。撮影/宮坂浩見
 俳優・町田慎吾が主演を務める、戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』が5日より東京・紀伊國屋ホールにて開幕。初日公演に先駆けて、前日の4日に同所で公開ゲネプロが行われた。

【写真】戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』ゲネプロの模様

 本作は、2016年11月に上演された戦国御伽絵巻『ソロリ』~妖刀村正の巻~につづく、オリジナル書き下ろし脚本作品「戦国御伽絵巻」シリーズの第2弾。殺戮と戦争によって時代を変えた「表」の歴史ではなく、その歴史の「裏」に確かに生きた市井の、生身の人間の話を描くことが目的で始まった同シリーズ。時代劇でありながら殺陣中心ではなく物語中心であり、「殺陣ではなく心情・ドラマ」にこだわったオリジナル作品。今作では、「木下秀吉」を主人公に、自分の信念と夢を信じ、戦国の世で生き抜ぬいた男たちの人間ドラマを描く。

 亡き友と約束した平和な世を夢みて、戦や争いを嫌い、大ボラを武器に争いを収めようとする木下秀吉役には、前作『ソロリ』に引き続き町田慎吾。ある戦をめぐり秀吉と激しく対立する明智光秀役には「さよならソルシエ」「それから」などで主演を務めた平野良、剣の達人・シャチ役には、前作『ソロリ』でヒロインに恋をする小平を演じた佐藤永典、秀吉を支える天才軍師・竹中半兵衛役には、「おん・すてーじ真夜中の弥次さん喜多さん」などの舞台作品のほか、声優やラジオパーソナリティーとして幅広く活躍する藤原祐規、三河の国主・徳川家康役には、演劇集団キャラメルボックスの鍛冶本大樹など、個性豊かな実力派俳優が集結。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >