2017/08/31 08:40

実はスタジオ収録よりコスパが良い? バラエティ番組“海外ロケ”盛況のワケ

『イッテQ!』の過酷な海外ロケでブレイクしたイモトアヤコ
 近年のバラエティ番組を紐解くと、“絶対王者”『謎解き冒険バラエティ 世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、“ナスD”による体当たりロケが好評の『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)、DVDも大ヒット中の『クレイジージャーニー』(TBS系)などがけん引しているように見受けられる。この3番組の共通項といえば、海外ロケをメイン企画に据えている点。ひと昔前まで、どのチャンネルを観ても“ひな壇バラエティ”だらけだった状況から変化が生じたワケとは?

【写真】イモトアヤコ、“美背中”大胆披露

■元『電波少年』スタッフを始め、“ロケ番組の達人”たちが各番組を制作

 もはや説明もいらないほどの人気番組『~イッテQ!』は、内村光良司会のもと、イモトアヤコや出川哲朗、宮川大輔に手越祐也といった個性豊かな面々が、世界各地に行って、珍獣を探したり、お祭りに参加したりする体当たり系のロケ番組だ。

 『陸海空~』は、小峠英二MCの紀行バラエティ。同番組を世間に浸透させたのは、なんと言っても“ナスD”こと友寄隆英ディレクター。訪れた南米アマゾンで、シピボ族の間で美容に良いと言われている果物・ウィトを全身に。現地の人からは「絶対に取れない染料」「普通は入れ墨とかに使うんだけど」と心配の声が上がり、しばらくして全身真っ黒の“ナスビ色”で友寄ディレクターが登場する。これには現地の人はもちろん、視聴者の大爆笑も誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >