2017/08/24 08:40

テレビ界の“復活ブーム” その背景とは?

『ぼくらの勇気 未満都市』や『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』など様々な番組が復活
 1997年に放送された人気ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ系)が20年ぶりに先ごろ復活し、大きな話題となった。主演のKinKi Kidsのふたりはもちろん、嵐の松本潤や相葉雅紀など、今では豪華すぎる主要キャストが総出演するとなれば大反響を呼ぶのもうなずけるが、ここ10年ほどテレビ界はドラマに限らずバラエティ番組でも、昔の人気番組を“復活”させて、スペシャル番組として放送することが増えてきている。こうした“復活系番組”は視聴者のほうも、「懐かしくて涙が出てきた」といった声から「見てガッカリ」などの批判の声まで、評価はまちまち。テレビ界の“復活ブーム”の背景とは?

【動画】直球インタビュー もう一度復活してほしい番組は?

◆多くの人気番組が復活 ドラマは“続編”としての復活も増加

 ここ最近の復活ブームに乗った番組を挙げれば、バラエティ番組では『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS系)、『どうぶつ奇想天外!』(同)、『堂本兄弟』の前身番組である『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)などがあり、どれも長年放送された人気番組で、番組改編時や年末年始などで番組名のあとに“2017”や“○○スペシャル”的な言葉を付けて、半年から1年間隔で“レギュラー放送”されるほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >