2017/08/27 12:17

全日本国民的美少女コンテスト・グランプリ井本彩花さん、将来の夢は「大人っぽい演技ができる人になりたい」

『第15回全日本国民的美少女コンテスト』グランプリに輝いた井本彩花さん13歳。撮影/古賀良郎(C)Deview
 大手芸能プロダクション「オスカープロモーション」による『第15回全日本国民的美少女コンテスト』で、グランプリを受賞した井本彩花さん(13歳)。初めて挑んだオーディションで応募総数80,150通の頂点に輝いた彼女が、オーディション情報サイト『Deview/デビュー』のインタビューに応じ、受賞直後の想いを赤裸々に語ってくれた。

【写真】授賞式に登壇し井本彩花さんを祝福した上戸彩

 1987年に後藤久美子をイメージキャラクターとして、第一回大会を開催して以降、佐藤藍子、米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、忽那汐里など、数多くのスターを発掘してきた『全日本国民的美少女コンテスト』。第1回大会から30周年を迎える今年、第15回大会を開催。12歳~20歳までの女性を対象に、2月3日~5月2日まで募集。書類審査、面接、カメラテストや自己PRのVTR撮影などの厳しい審査を経て、21人のファイナリストが、8日に都内で行われた本選大会への出場を決めた。

 審査員や関係者、マスコミなどの多くの観客が見守る中、ウォーキング審査、自己PR、歌唱審査、演技審査、質疑応答と、厳正なる審査を経て、グランプリに輝いた井本さんは、京都府出身の中学2年生。芸能界に憧れはあったものの、オーディションは今回が初挑戦。母の勧めで本大会への応募を決意した。「小学校の低学年のときは、芸能界にはぜんぜん興味はなくて、将来の夢はプリキュアでした。でも、小4のときに、武井咲さんが出ているCMを観て、『すごいキレイな人だな。私もこんなキレイな人になりたい』と思って、女優になりたいという気持ちが芽生えました」と芸能界に興味を持ったきっかけを語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >