2017/08/29 00:21

10代限定音楽フェス『未確認フェスティバル2017』グランプリは17歳のリツキ「本当の意味で未確認の天才」

『未確認フェスティバル2017』グランプリ・リツキ(埼玉県出身・17歳)(C)Deview
 10代アーティスト限定の音楽フェス『未確認フェスティバル2017』が27日、新木場STUDIO COASTで開催された。審査の結果、応募総数3199組からグランプリを獲得したのは、埼玉県出身の高校2年生・リツキ(17歳)。『未確認フェスティバル』の予選であるライブ審査が人生初のライブ披露であり、ファイナルステージが人生2度目となるライブで優勝。まさに未確認だった天才の発掘に、会場は大きな驚きに包まれた。なお、準グランプリは6歳からの幼なじみ「Some Life(サムライフ)/愛知県」、審査員特別賞はダイブ封印で臨んだ破天荒バンド「SUNNY CAR WASH(サニーカーウォッシュ)/栃木県」がそれぞれ受賞した。

【写真】『未確認フェスティバル2017』グランプリ・リツキの写真。

 「去年から趣味で曲を作り始めて、曲がたくさん出来たから、人に聞いて欲しいと思って未確認フェスに応募をして、ここに来たんです」と、最も未確認フェスらしい理由でステージに立ったリツキ。その姿を「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティ・とーやま校長は「生まれ持ってのものを、不純物一切無く出している人」と評し、特別審査員・蔦谷好位置は「誰にも見たこと無い歌い方とギターの弾き方と、聴いたこと無い声と。みんな本当の意味で未確認だったと思うから、ビックリしちゃったと思う。そのすごさにずっと圧倒された」と絶賛。特別審査員・菅野結以は「デモの段階でダントツに音質が悪かったんですよ。全然遠くのほうにしか音が聞こえないんだけど、なんかスゴイ胸に来るものがあって。今日楽しみに来たら、1曲目からわけも分からず涙が出て、泣きながら聴いちゃったんです。それって、歌に血が通ってるというか脈打ってるっていうか、歌が生きてるって本当に思って、天才だなって思いました」と白旗を揚げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >