2017/08/30 10:00

映画『ワンダーウーマン』 パティ・ジェンキンス監督が語るヒットの理由

映画『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督 (C)ORICON NewS inc.
 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で鮮烈なデビューを飾った美女戦士を主人公にした映画『ワンダーウーマン』(公開中)。同作のヒットを受けて、女性監督作としては歴代ナンバー1の興行収入を記録したパティ・ジェンキンス監督(46)に、作品について聞いた。

【インタビュー写真】”ワンダーポーズ”が本格的でかっこいいパティ・ジェンキンス監督

 同作は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセスのダイアナ(ガル・ガドット)が、外の世界を知り、人々の争いを止めるため“最強の美女戦士”ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描く。本国アメリカで絶大な支持を集め、『バットマン vs スーパーマン』の興行収入を抜く4億ドル(約440億円・1ドル110円計算)を突破。ジェンキンス監督は、女性監督歴代トップの興行収入記録を打ち立てた。

 ここまで『ワンダーウーマン』が受け入れられた理由について、ジェンキンス監督は3つの理由を語ってくれた。

 「まず、私たちが思っていた以上にワンダーウーマンが愛すべきキャラクターだったことが1つ。あとは、年齢を絞らず老若男女全員のために映画を作りました。そして、みんなが今の時代にこういうキャラクターを待ち望んでいた。それが全部うまい具合にフィットしたのだと思います」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >