2017/09/03 18:00

次期『大河』舞台、鹿児島・西郷隆盛のひ孫がオーナーのカフェ訪問記【記者コラム】

鹿児島市内の西郷隆盛銅像が見晴らせる「西郷隆盛銅像 展望ホールK10カフェ」店長の若松宏さんは西郷隆盛の義弟のひ孫(C)ORICON NewS inc.
 NHKで来年放送される大河ドラマ『西郷(せご)どん』の撮影が7月5日に始まり、8月23日~9月1日には、主人公・西郷隆盛の地元・鹿児島県内(霧島市、南九州市、鹿児島市など)でロケが行われた。8月30日、南九州市の知覧武家屋敷庭園内で行われた収録を見学し、西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平や大久保正助(利通)役の瑛太らの取材をした後、鹿児島市街地の西郷さんゆかりの地をめぐってきた。

【写真】鈴木亮平ら鹿児島ロケの模様

 西郷さんが生まれ、そして最期を迎えたのは鶴丸城(鹿児島城)下、現在の鹿児島市。JR鹿児島中央駅にほど近い加治屋町に誕生地があり、敷地は明治時代より公園化されている。桜島のビュースポットでもある城山周辺は、西南戦争の最終局面で西郷軍が立てこもり攻防を繰り返した地。山頂近くに薩軍本営跡、中腹に西郷が数日間過ごしたという洞窟、そこから少し下ったところに終焉の地がある。麓の私学校跡の石塀には弾痕跡が数多く残っていて、激戦の様子をいまに伝えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >