2017/09/05 12:46

映画『幼な子われらに生まれ』モントリオール映画祭で審査員特別賞

『第41回モントリオール世界映画祭』コンペティション部門でグランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞した映画『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
 三島有紀子監督の映画『幼な子われらに生まれ』(公開中/英題『DEAR ETRANGER』)が、8月24日から9月4日までカナダで開催されていた『第41回モントリオール世界映画祭』コンペティション部門でグランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞した。

【写真】三島有紀子監督

 同映画は、直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説が原作で、刊行当時『ヴァイブレータ』『共喰い』などの脚本家・荒井晴彦氏と重松氏が映画化の約束を交わし、21年を経て実現したもの。『しあわせのパン』『繕い裁つ人』の三島監督がメガホンをとり、浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶらが出演している。

 本映画祭で9月1日と9月3日に上映された本作。本年度のモントリオール映画祭で最高の動員数を記録し、「心に響いた」「泣いた」という観客が続出。また「私も小さい頃に同じような経験をした事がある」など、国境を越えた普遍的な家族のカタチを描き、世界の観客を魅了しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >