2017/09/06 08:10

連続テレビ小説『ひよっこ』で注目の磯村勇斗、憧れの朝ドラ出演に至るまでの日々を振り返る

役者を志したきっかけや、憧れの朝ドラ出演に至るまでの日々を語った磯村勇斗。撮影/宮坂浩見 (C)Deview
 ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS)、『あいの結婚相談所』(テレビ朝日)をはじめ、テレビ番組、映画、舞台などを手がける制作会社「メディアミックス・ジャパン(略称:MMJ)」内のマネジメントセクション「BLUE LABEL」が、オーディションサイト「デビュー」と共同で、ワークショップオーディションを開催。現在放送中の連続テレビ『ひよっこ』で注目を集める同事務所の若手俳優・磯村勇斗がデビューのインタビューに応じ、役者を志したきっかけ、憧れの朝ドラ出演に至るまでの日々を語った。

【写真】デビューのインタビューに応じた磯村勇斗

【磯村勇斗インタビュー】

◆「目指すからには、中途半端に終わりたくないし、絶対に成功してやる!と思っていた」

――磯村くんが芸能界に興味を持ったきっかけは、中学のときに自主制作した映画がきっかけだったんですよね。

【磯村勇斗】「そうですね。15分くらいの作品でしたが、脚本、カメラ、主演も自分でやって。それを学校で上映したときに、たくさんの拍手をもらって、演じていて面白いうえに、評価してもらえて嬉しかったんですよね。それで、この楽しさをより感じるには、役者になるしかない!と思いました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >