2017/09/07 08:40

「殿堂入り」しないポルノグラフィティ、アーティストから見たフェスの変化を語る

45作目のシングル「キング&クイーン/Montage」を発表したポルノグラフィティ
 1999年、1stシングル「アポロ」で一世を風靡して以来、とどまることなく走り続けてきたポルノグラフィティ。発売したシングルは実に45枚。メンバーの岡野昭仁と新藤晴一はともに40代を迎えているが、まだまだ「殿堂入り」はしたくないという。久々にロックフェスに出演して刺激を受けたという彼らが、アーティスト側から見たフェスの変化、そしてモチベーションの在り処を語った。

【動画】バレーボール柳田選手、石川選手が出演!新作クリップ

◆「20代は多いけれど、40代はいない」若手からのリスペクトに自信

――今年の夏は大型のフェスにたくさん出演され、先輩や後輩アーティストに会って、今までと違う立ち位置を感じることもあったのでは?
【新藤晴一】音楽業界は終身雇用じゃないから、僕らと同年代の人たちがだんだん減っていくんですよね。20代は多いけれど、40代はいない。僕らがそこにいられるということは、それなりに自信を持っていいことだと思うし、お客さんや周りのミュージシャンが一定のリスペクトを持ってくれるのは、とても嬉しいことだと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >