2017/09/08 07:00

河瀬直美監督新作『Vision』 仏女優ジュリエット・ビノシュ&永瀬正敏がW主演

(左から)永瀬正敏、河瀬直美監督、ジュリエット・ビノシュ
 河瀬直美監督の新作映画『Vision』(2018年公開予定)に、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと俳優の永瀬正敏がW主演することが7日、わかった。河瀬監督の生まれ故郷である奈良を舞台に、世界中を旅して紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌと、自然豊かな神秘の地・吉野の山々を守る山守の男・智(とも)が出会い、言葉や文化の壁を超え、心を通わせていく物語。全編、奈良で撮影が行われる。

【写真】『Vision』にW主演するジュリエット・ビノシュ&永瀬正敏

 永瀬とW主演を務めるビノシュは、1994年に日本公開された『トリコロール/青の愛』の演技が評価され、『第50回ヴェネチア国際映画祭』で女優賞を受賞。1997年日本公開の『イングリッシュペイシェント』では『第47回ベルリン国際映画祭』女優賞、2011年日本公開『トスカーナの贋作』では『第63回カンヌ国際映画祭』女優賞など、世界三大映画祭すべてで女優賞を受賞している。

 河瀬監督作品に出演することになったのは、今年5月の『第70回カンヌ国際映画祭』での出会いが発端となる。映画祭の公式ディナーで河瀬監督と同席となった同作のプロデューサー、マリアン・スロット氏が2人を引き合わせ、意気投合した。ビノシュは河瀬監督の次回作出演に意欲を見せ、翌6月には制作が決定。すぐさま河瀨監督はオリジナル脚本を執筆した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >