2017/09/11 18:31

『SW』新作にジョセフ・ゴードン=レヴィットがカメオ出演 監督が明かす

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について語ったライアン・ジョンソン監督 (C)ORICON NewS inc.
 人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のスペシャル・ファンミーティングが11日、都内で行われ、ライアン・ジョンソン監督が出席。キャストたちが「予想しなかった」と話す“衝撃”があるという同作について、改めて「サプライズを用意している」と明かし、さらにこの場で「仲のいい俳優のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、エイリアンの声でカメオ出演している」と出演情報を解禁。会場に集まった『スター・ウォーズ』ファンを沸かせた。

【動画】ジョンソン監督、レイヤ姫 故・キャリー・フィッシャーさんとの秘話語る

 同映画は、『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。前作に引き続き、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、マーク・ハミルらが出演する。

 現在は「ロスに戻って数日作業したら完成する」ところまで出来あがっているといい、用意しているサプライズについて「驚かせてやろうっていう気持ちでは脚本を書いていないです。そうすると、結果的に無理のあるよくないものになってしまうと思うからです。観客にとって衝撃は何度かあるけれど、自然な形で到達するサプライズになる」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >