2017/09/11 18:00

中山美穂、5年ぶり映画主演 キム・ジェウクと純愛ラブストーリー

映画『蝶の眠り』で共演する(左から)中山美穂、キム・ジェウク (C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
 女優の中山美穂(47)が、映画『蝶の眠り』(2018年春、日韓同時公開)に主演することが11日、明らかになった。中山が映画主演を務めるのは、『新しい靴を買わなくちゃ』(12年)以来、5年ぶり。アルツハイマーを患う主人公の女流作家を演じ、恋人の韓国人留学生役でドラマ『コーヒープリンス1号店』で人気を集めたキム・ジェウク(34)が共演。年の差を超えた、2人の純愛を描くラブストーリー。

【写真】相手役を務めるキム・ジェウク(右)

 同作は、フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラス氏の晩年の恋を描いた映画『デュラス 愛の最終章』に着想を得て、『子猫をお願い』のチョン・ジェウン監督がメガホンをとった。

 50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山)。作家として成功し、満ち足りた生活を送っていたが、遺伝性のアルツハイマーに冒されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >