2017/09/15 08:10

10月改編各局の狙いとは

秋はほぼ“無改編”日本テレビ(C)ORICON NewS inc.
 各テレビ局の10月の番組改編が発表された。この時期に各局がタイムテーブルを見直すが、民放キー局各社が発表したゴールデン、プライム帯の10月改編率は今回もほぼ動かさない王者の日本テレビを除き、各社揃って20~30%台になった。一方、バラエティ枠は各社戦略の違いがあるものの各社揃って“ちょい攻め”の印象がある。

2017年秋・各テレビ局の改編率を図で解説

◆10月クールのドラマは各社の色がよりわかりやすい

 小幅改編の主軸であるドラマは、定まりつつある枠の色に応じて、TBSは好調の火曜ドラマで宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演の『監獄のお姫さま』、日曜劇場は池井戸潤原作『陸王』を映像化し、主演に役所広司を据えるなど力が入る。日本テレビはディーン・フジオカ&武井咲がW主演となる日曜ドラマ『今からあなたを脅迫します』、櫻井翔が教師役の土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』など話題性重視のキャスティング。テレビ朝日は『相棒』『科捜研』『ドクターX』のスリートップを手堅く並べつつ、土曜深夜にデジタルネイティブ世代狙いの新たなドラマ枠を新設して攻める。深夜ドラマに定評があるテレビ東京は金曜ドラマ24にKAT-TUN上田竜也主演『新宿セブン』、土曜ドラマに板尾創路主演『フリンジマン』など、テレビ東京らしさこだわりのラインナップ。またフジテレビは月9で篠原涼子が新米女性市議役の『民衆の敵』など硬派路線を並べ、10月クールのドラマは各社の色がよりわかりやすい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >