2017/09/19 07:00

家入レオ、「自分なりの覚悟を持って」女優デビュー 『新宿セブン』餃子店の看板娘役

家入レオが女優デビュー。テレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』餃子店の看板娘を演じる(C)観月昴・奥道則/日本文芸社(C)2017「新宿セブン」製作委員会
 今年で歌手デビュー5周年となる家入レオが、女優デビューすることがわかった。上田竜也(KAT-TUN)が主演するテレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』(10月13日スタート、毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ毎週月曜 深0:12)で、主人公の七瀬(上田)たちが通う新宿歌舞伎町にある餃子店のアルバイト店員・栞を演じる。家入は「ドラマ初出演ですが、ちゃんと作品に馴染んだ“栞”をお届けできるように頑張りますので、楽しみにしてもらえるとうれしいです」と、新たな挑戦に目を輝かせる。

【写真】『新宿セブン』主な出演者

 質屋の店主で抜群の鑑定眼を持った七瀬が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。七瀬の店には、あらゆる物が持ち込まれる。時計やバッグ、果ては拳銃、クスリ、臓器まで…。なぜ、彼がこの街で質屋を経営しているのか? そこには歌舞伎町に潜む謎と隠された理由があった。ひと癖もふた癖もある登場人物たちが、混沌とした街・歌舞伎町で繰り広げる人間模様。そこに栞はどう絡んでいくのか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >