2017/09/19 11:47

『花にけだもの』実写ドラマ化 杉野遥亮・松尾太陽・甲斐翔真がけだもの男子に

杉山美和子氏の漫画『花にけだもの』が実写ドラマ化(左から)甲斐翔真、杉野遥亮、中村ゆりか、松尾太陽(超特急)、入山杏奈(AKB48)(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
 『Sho-Comi』(小学館)で2010年から12年まで連載された杉山美和子氏の漫画『花にけだもの』が、配信サービスの「dTV」とフジテレビの共同製作で実写ドラマ化されることが明らかになった。見た目や発言はワイルドで男らしいが、好きな人の前だけでたまに見せるかわいらしい一面がたまらない“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く青春ラブストーリー。dTVとフジテレビが運営する配信サービス「FOD」で今秋より同時配信される。

【写真】松尾太陽は別の少女漫画原作の映画にも出演

 純真無垢で愛されすぎる主人公“久実”を演じるのは、連続テレビ小説『まれ』(NHK)に出演し、一躍注目を集めた女優の中村ゆりか。主人公を翻弄する“けだもの男子”として、185センチの長身と端正なルックスで人気急上昇中の杉野遥亮、超特急のボーカルとしてはもちろん、俳優としても出演作が絶えない松尾太陽、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日)のパラド役で注目された甲斐翔真が出演。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >