2017/09/24 08:10

日本でのカバーや共演を熱望する台湾の国民的スター、クラウド・ルーとは

クラウド・ルー
 台湾で絶大な人気を誇るシンガー・ソングライター、クラウド・ルーが8月末に5枚目のアルバム(日本発売は3枚目)『What a Folk!!!!!!』のプロモーションのために来日した。来日中はインストア・ライブを精力的にこなし、J-WAVE「JK RADIO TOKYO UNITED」では、マイケル・ジャクソンの「マン・イン・ザ・ミラー」のアコースティック・カバーを披露。Twitterには「すごい」「神業」といった興奮の声が次々と流れた。

クラウド・ルーの(日本発売)作品一覧

 1985年台南生まれのルーは「大学1年のときに交通事故に遭い、入院中にギターを覚えて曲を書くようになった」という。歌うことは子どもの頃から好きで、今は「台湾のごく普通の生活をシンプルに」に歌う。それが若者たちの共感を呼び、これまで発表したアルバムはどれも大ヒット。台湾では1万人規模のアリーナでコンサートを開いている。

 しかし、「流行に乗ることはしない。自分をしっかり持って表現しきることが大事」と自分の音楽性を守り、実は流行の移り変わりが早い(何せ小さな島で瞬く間に浸透するから)台湾に於いて、しっかり根をおろした音楽活動を続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >