2017/09/22 11:30

シンガーソングラドル・藤田恵名、映画『血を吸う粘土』トロント映画祭凱旋帰国会見で主題歌を熱唱

出演作『血を吸う粘土』の第42回トロント国際映画祭凱旋帰国会見で主題歌を披露する藤田恵名(写真:サンニュース)。
 ホラー映画『血を吸う粘土』が、第42回トロント国際映画祭(9月7日~17日)でミッドナイト・マッドネス部門のクロージング作品に選ばれたのを記念し、21日に東京・文京区「Oh!sama Studio」で凱旋帰国会見が行なわれた。会見には監督・脚本・編集を務めた梅沢壮一、出演者の黒沢あすか、牧原ゆゆ、そして出演に加え主題歌も担当した藤田恵名が登壇。藤田は「私が歌う主題歌が海外で流れたのもうれしかった」と語り、主題歌の『私だけがいない世界』を生で熱唱した。

【写真】シンガーソングラドル・藤田恵名の写真

トロント国際映画祭は、カナダ最大の都市・トロントで毎年9月に開催される国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭。同映画祭のなかでも毎年注目を浴びるミッドナイト・マッドネス部門は、世界中からエッジの効いた破天荒な映画がセレクトされる。過去には『座頭市』(北野武監督)、『地獄でなぜ悪い』(園子温監督)が同部門の観客賞を受賞している。

 「呪いの粘土が人を襲う」というホラー映画『血を吸う粘土』で長編映画初メガホンを取った特殊メイクアーティストで監督の梅沢壮一と、女優の黒沢あすかの2人が現地トロントを訪問。現地では「一般のお客さんに見ていただいたのは本上映とリピート上映の2回ですが、1500人ぐらいの会場で上映され、予期せぬところで笑いも起きたりして、すごく盛り上がった」(梅沢監督)と手ごたえを感じたようす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >