----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/25 17:29

二宮和也、役作りで“利き腕”矯正「右利きに直して撮影した」

(左から)宮崎あおい、西島秀俊、綾野剛、滝田洋二郎監督 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・嵐の二宮和也が25日、都内で行われた映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)の完成披露会見に出席。劇中で天才料理人を演じた二宮は、役作りの一つとして“利き腕”を矯正したことを明かした。

【全身ショット】黒の肩出しワンピで登壇した宮崎あおい

 「普段は料理しないけど…」と謙そんしたが、劇中では見事な包丁さばきを披露。それだけでも役作りの努力が垣間みえたが、元々が左利きの二宮は「右利きに直して撮影に挑みました」と秘話を告白した。

 「セリフを覚えるのと同じ感覚でやらなきゃいけないこと」と苦労を感じさせない口ぶりで「それよりも空気感が大事だなと思いながら演じました」と笑顔で撮影時を振り返った。

 同作は、テレビ番組『料理の鉄人』を手がけた作家・田中経一氏の小説を映画化。70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した幻のフルコース。歴史に消えたその伝説のレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)。最後の一皿に隠された、壮大な愛とは?

 会見にはそのほか、西島、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、滝田洋二郎監督が出席。作品の成功を誓った二宮は「アカデミー賞もいいですけど、ミシュランを狙っていきたい!」と、映画界初(?)の野望をぶち上げていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >