2017/09/24 12:00

『M-1』初戦突破の大野拓朗と前野朋哉 役者とは「脳の働きが全然違う」

『M-1グランプリ2017』予選1回戦を突破したお笑いコンビ“潮干狩”(左から)大野拓朗、前野朋哉
 10月2日にスタートするNHK連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)に、漫才コンビ役で共演する俳優の大野拓朗と前野朋哉が23日、東京・新宿シアターモリエールで行われた『M-1グランプリ2017』予選1回戦に、お笑いコンビ“潮干狩”として参戦。“モテ”をテーマにした本気のしゃべくり漫才を披露し、見事2回戦進出を果たした。

【写真】『M-1』予選1回戦で漫才を披露する潮干狩

 今回の『M-1』出場にあたり「予選1回戦の“2分”という持ち時間と声をしっかり出すことを最も意識した」という2人。初戦を終えた大野が「今回はもう決めごとだけをしっかり2人でやりきろうと思っていたので、けっこう舞台をやっている感覚でした」と語ると、前野も「ウケたところをちょっと長めにやりたいとか欲が出ちゃうんですけど、今回は極めてシンプルにやりました」と振り返る。

 さらに今回2人で漫才を初めてから「役者として演技をしている時とは脳の働きが全然違うんです。ネタ合わせの時も、3回くらい合わせたら脳がヘトヘトになって休憩しようとなります」と大野。「でもボケ防止になるので、皆さんやった方がいいと思います」とすっかり漫才の楽しさに目覚めた様子。前野も「老人ホームでコンビを組んで、ネタを披露しあったら、めちゃくちゃ脳が活性化すると思います」と漫才の効用を語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >