2017/09/25 07:00

石坂浩二『やすらぎの郷』完結へ 野際さんの“役者魂”「忘れられない」

半年間にわたる帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』で主演を務め上げた石坂浩二 (C)ORICON NewS inc.
 4月より半年にわたりテレビ朝日系で放送されてきた帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)が、いよいよ完結。29日の最終回(129話)は拡大スペシャル(~後1:15)で放送される。すでに全撮影を終えている主演の石坂浩二が、「やすらぎの郷」で過ごした日々を振り返った。「各方面からたくさんの反響をいただいきました。久しぶりにファンレターも来るようになって。意外と若い方からもいただくんですよ。超高齢化社会、この先どなるのか。若者も無関心ではないということがわかりました」と、うれしい驚きも語った。

【写真】浅丘ルリ子&加賀まりこが花嫁姿で登場

■脚本家・倉本氏の“石坂いじり” 「ミーハーだな」と一笑に付す

 同ドラマの企画が発表されたのは、2016年6月末だが、企画が動き始めたのは15年の夏にさかのぼる。「北の国から」シリーズなどで知られる倉本氏が、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ない、という現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのドラマを企画。その企画提案を受けて、テレビ朝日がゴールデンタイムならぬ“シルバータイム ドラマ枠”を設けることが決まった。その第1弾として倉本氏のオリジナル脚本による『やすらぎの郷』の制作が始まったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >