2017/09/27 05:00

菅田将暉&桐谷健太、ビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバー

ビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバーした(左から)菅田将暉、桐谷健太(C)2017『火花』製作委員会
 歌手としても活動する俳優の菅田将暉(24)と桐谷健太(37)が、W主演を務める映画『火花』(11月23日公開)の主題歌を歌うことが26日、わかった。劇中でお笑い芸人を演じた2人が、いつか売れる日を夢見てもがく若手芸人の気持ちを綴ったビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバー。2人の歌声が入った予告編が公開された。

【動画】「浅草キッド」を熱唱する菅田将暉&桐谷健太

 同作は、『第153回芥川賞』を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説を、自身もお笑い芸人である板尾創路監督が実写化。漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永を菅田将が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を桐谷が演じるほか、ヒロイン・真樹役で木村文乃が出演。徳永と漫才コンビ「スパークス」を組む山下を川谷修士(2丁拳銃)、神谷と漫才コンビ「あほんだら」を組む大林を三浦誠己が演じている。

 菅田は今年、auのCMソング「見たこともない景色」でソロデビュー、2ndシングル「呼吸」も発売されるなど、歌手としても活動している。桐谷は、昨年「海の声」で第58回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞、第67回NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >