2017/09/28 19:57

松坂桃李、ゲス不倫役を絶賛され当惑 朝ドラの影響不安視「もうすぐ始まっちゃう」

ゲス不倫をする軽薄な役を演じた松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.
 俳優・松坂桃李が28日、都内で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)のジャパンプレミアに参加。同作で、妻子がある身にも関わらずゲス不倫をする軽薄な役を演じており、最低な役の演技を褒められた松坂だが朝ドラへの影響を考えて「ダメだな、これ」と苦笑いだった。

【写真】蒼井優、阿部サダヲらが登壇したジャパンプレミア模様

 松坂は家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子(蒼井優)との不倫を愉しむゲスな男・水島を好演している。蒼井から「松坂さんは本当にこんなに薄いせりふをよく真顔で言えるなって思った。松坂さんと過ごしたというより水島というペラペラペラ男が本当に目の前にいて感動しました」とベタ褒めされた。

 登場人物が全員最低という映画で蒼井が最も最低な人間を言う流れになり「松坂さん」と即答。役名でなく実名を言ってしまった蒼井は「いや松坂さんというか、水島。松坂さんのことは詳しくは知らないですけど、現場で接している限りはすごく真面目な俳優さん」と慌てて訂正した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >