2017/10/01 08:00

竹野内豊、暴力団若頭役で新境地 呉弁&ド派手衣装で『孤狼の血』に強烈な存在感

映画『孤狼の血』に出演する竹野内豊
 俳優の竹野内豊が、広島を舞台に警察と暴力団の対立を描いた柚月裕子氏のベストセラー小説を映画化する『孤狼の血』(2018年5月12日公開)に出演することが、明らかになった。バリバリの呉弁とド派手な衣装&パーマが目を引く暴力団・加古村組の若頭の野崎康介を演じる。

【動画】『孤狼の血』会見では…役所宏司と松坂桃李 某CMでのエピソードを語る

 正統派二枚目俳優の竹野内が、新境地を開拓した。同作の舞台は、昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)と、暴力団との癒着をうわさされる刑事の大上章吾(役所広司)が、担当する金融会社社長の失踪事件をきっかけに対立する暴力団同士の抗争が激化していく。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で評価を確立した白石和彌氏がメガホンを取る。

 白石監督から「今度、出てほしい作品がある」と言われ、台本も読まずに「はい」と即答したという竹野内は、「台本を読ませていただいたときは、完成度の高さに『素晴らしい作品になる!』とワクワクしました」と撮影前から興奮。これまではエリート役などが多かったが、ストーリー冒頭から登場して強烈な存在感を放つ暴力団の若頭を熱演している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >