2017/10/03 09:39

帯ドラマ劇場『トットちゃん!』初回視聴率5.8%

黒柳徹子とその家族の軌跡を描くドラマ『トットちゃん!』10月2日テレビ朝日系でスタート。第1週#1より(C)テレビ朝日
 テレビ朝日が4月改編でシニア世代に向けて新たに創設した帯ドラマ枠「帯ドラマ劇場」。第1弾として9月まで放送されていた倉本聰氏のオリジナルドラマ『やすらぎの郷』に続いて、第2弾『トットちゃん!』(月~金 後0:30~0:50)が2日にはじまり、初回視聴率が初回5.8%だったことがわかった。前作『やすらぎの郷』(全129回)の期間平均と同じだった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】福山雅治&黒柳徹子、仲良く2ショット

 同ドラマは、原案として「黒柳徹子」の名が堂々クレジットされ、戦後最大のベストセラーであり、これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋。テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳徹子の怒とうの半生を日々物語っていく。

 第1週は、徹子が生まれる前、両親さえ出会っていない、昭和4年11月、関東大震災から劇的な復興を遂げた東京で暮らす、井上家の朝からはじまる。井上家は、徹子の母、門山朝(松下)が音楽大学に通うため下宿していた叔父夫婦の家。まだ恋を知らない朝が、バイオリニストの黒柳守綱(山本耕史)と“最悪な出会い”が描かれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >