2017/10/03 14:47

山田涼介、実写『ハガレン』に自信「とんでもない作品が生まれた」 金髪に染めて登場

映画『鋼の錬金術師』の完成報告会見に出席した(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、本田翼、ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が3日、都内で行われた映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)の完成報告会見に出席。この日のために、劇中と同じく髪を金色に染めてきた山田は「自分で言うのもなんですが、日本映画からとんでもない作品が生まれたと思っています」と胸を張った。

【寄りショット】レースブラウスで登場した本田翼

 原作漫画、通称“ハガレン”は、月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で2001年から2010年にわたり連載され、全世界シリーズ累計発行部数7000万部超を記録。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描く。

 エド役の山田は、「きょうのために染めてきました。自分のこの作品に対する思いが少しでも伝わったら」と熱い気持ちを伝え、完成作について「素直にすごいものを観ちゃったなという感覚になった。自分が出ている作品だと、自分のあらを探してしまうこともあるけれど、この作品は引き込まれました。初めて『ハリー・ポッター』を観たときのような衝撃がありました」とアピールした。

 映像表現のすごさを伝えた山田だったが、CGが多用される分、撮影では見えないものを相手にする苦労があり、「僕が今まで演じてきたなかで、間違いなく一番大変な役だった。物理的な難しさはありましたが、監督が『自由にやっていいよ』と言ってくださって、それを聞いて気が楽になった」と感謝した。

 会見にはそのほか、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、曽利文彦監督が出席した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >