2017/10/03 17:53

“62歳”高畑淳子、17歳少女役に自虐「見せてはいけないものを…」

「17歳が一番大変」と即答した高畑淳子 (C)ORICON NewS inc.
 女優の高畑淳子(62)が3日、東京・シアタークリエで行われた舞台『土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』公開ゲネプロ前の囲み取材に出席。主人公・広岡浅子の生涯を演じる高畑は、劇中衣装で登場すると「これは41歳頃の衣装です」と笑顔でアピールした。

【写真】赤井英和、南野陽子、三倉茉奈らも出席した会見の模様

 同作は、昨年放送の連続テレビ小説『あさが来た』で女優の波瑠が演じた不屈の女性実業家・広岡浅子のドラマティックな人生を描いた物語。「9回転んでも、10回起き上がればいい」という精神で激動の時代を生き抜いた広岡を17歳の少女時代から高畑が演じる。

 幅広い年代の女性を演じる高畑は「どの年代が一番大変ですか?」との質問に「17歳が一番大変」と即答し「見せてはいけないものをやっている感じがしちゃう」と苦笑いで自虐。共演の赤井英和(58)が「素晴らしいと思う。かわいらしく演じている」と優しくフォローを入れるも「目が泳いでいるわよ」とツッコみを入れて、笑わせた。

 さらに田山涼成(66)も「僕も22歳を演じるんです」と自ら切り出すと「そして4つもカツラを被る。もう暑くて、暑くて…、汗ダラダラの熱演です」と、こちらも自虐を交えながらアピールしていた。

 取材にはそのほか、南野陽子(50)、葛山信吾(45)、小松政夫(75)、三倉茉奈(31)、紫とも(52)が出席。きょう4日から28日まで同所で上演される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >