2017/10/04 12:31

三浦春馬、主演ドラマに秘めた思い「日本を少しでも明るくできたら」

主演ドラマへの意気込みを語った三浦春馬 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の三浦春馬が4日、東京・六本木のテレビ朝日で自身が主演する土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(7日スタート、毎週土曜 後11:05~11:59)の制作発表会見に出席した。東大卒でトップバンクに勤めるエリートなのに童貞の“チェリート”を演じる三浦は「自分のキャリアの中でも挑戦的な役どころでもありますし、テレビ朝日の新しい枠での挑戦的な作品で日本を少しでも明るくできたらいいな、そんな期待感を秘めて撮影しています」とあいさつした。

【全体ショット】制服姿で登場した三浦春馬、黒木メイサら

 同ドラマは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験がない30歳以上の男女=「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが繰り広げる不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。会見には、三浦と同じ生徒役の高橋克実、黒木メイサ、夕輝壽太、教師役の竜星涼、松井愛莉が出席した。

 劇中では、性に関するきわどいせりふの応酬もあり、童貞・処女を卒業するために奮闘する姿をいかに滑稽(こっけい)に、愛おしく演じられるか、演者たちの力量も大いに試される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >