2017/10/08 20:16

けやき坂46、初主演ドラマに意気込み 長濱ねるの分も「頑張る」

けやき坂46(前列左から)柿崎芽実、高本彩花、影山優佳、加藤史帆、東村芽依、齊藤京子(後列左から)高瀬愛奈、井口眞緒、佐々木久美、佐々木美玲、潮紗理菜 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が8日、都内で行われた主演ドラマ『Re:Mind』(19日スタート、毎週木曜 深夜1:00 テレビ東京)の会見に出席。緊張を感じさせつつ、報道陣を前にそれぞれ意気込みを語った。

【個別カット】意気込みを語ったけやき坂46

 動画配信サービス・Netflixとテレ東のタッグで制作される同ドラマは、秋元康プロデューサーの企画・原案のもと、密室、拘束、失踪など、次々と恐怖に襲われる女子高生たちの姿を描いた密室サスペンス。

 明るいキャラクターで場の空気を盛り上げていた井口眞緒は「この機会を生かせるよう、みんなで一生懸命頑張っています」とあいさつ。演技がうまいと思ったメンバーに、佐々木美玲の名前をあげると「感情が入っていて、大人の方なのに子役の方みたい。プロだと思いました」と独特な表現で笑わせた。

 また、欅坂46とけやき坂46を兼任していた長濱ねるが、欅坂46の活動に専念することになり、同ドラマへの出演が見送られることになったことについて、加藤史帆は「一度、みんなと長濱ねるちゃんで話す機会があって、そのときに『頑張って』とか『撮影どう?』って言ってくれました。ねるちゃんの分もみんなで頑張りたいです」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >