2017/10/10 12:17

クミコ、デビュー35周年コンサート ヒット曲&新アルバムを“完全網羅”

デビュー35周年記念コンサートを行ったクミコ (C)中嶌英雄
 デビュー35周年を迎えた歌手のクミコ(63)が9日、東京・恵比寿ガーデンホールで『デビュー35周年記念 クミコ・ザ・ベスト・コンサート 1982-2017』を開催。作詞家・松本隆氏と17年ぶりにプロジェクトを組んで作り上げたニュー・アルバム『デラシネ』の全楽曲、さらにこれまでのヒット曲と、クミコ35年のキャリアを完全網羅した一夜となった。

【写真】作詞家・松本隆と作曲家・村松崇継もゲスト出演した公演の模様

 同公演は、松本氏の作詞家生活47周年記念イベント『風街ガーデンであひませう2017』の最終日に行われたもので、5日の前夜祭で妻夫木聡、リリー・フランキーと松本氏によるトークショーで開幕。6、7、8日の3日間にわたって、ゆかりのアーティストたちによるフェス形式のコンサートが行われ、この日クミコの公演でファイナルを迎えた。

 約750人の熱烈なファンが埋め尽くした会場で、クミコは「きょうは、あまり後ろを振り返らないようなコンサートになりそうな予感がします」とあいさつ。第1部では「恋に落ちる」をはじめ、「不協和音」「フローズン・ダイキリ」「砂時計」「輪廻」など松本氏と共に作り上げた『デラシネ』から全曲を披露した。ゲストとして作曲家・ピアニストの村松崇継氏が登場し、彼のピアノ演奏でシューベルト作曲「セレナーデ」を歌うと、村松氏は「伴奏しながら歌に吸い込まれそうです」と絶賛していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >