2017/10/20 16:26

シーナ&ロケッツの半生、NHK福岡がドラマ化

シーナ&ロケッツの半生をNHK福岡放送局がドラマ化
 NHK福岡放送局は20日、福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあてた「地域ドラマ」の15作目として、ロックバンド・シーナ&ロケッツの半生をドラマ化することを発表した。実在のロックバンドをテーマにドラマを制作するのはNHK福岡では初の試みとなる。

【写真】在りし日のシーナさん

 シーナ&ロケッツは、福岡県久留米市出身の鮎川誠(69)と、2015年2月に亡くなった北九州市出身のシーナこと鮎川悦子さん(享年61)により1978年に結成。「涙のハイウェイ」でデビューして以来、福岡を代表するバンドとして、日本のロックシーンを牽引してきた。代表曲に「レモンティー」「ユー・メイ・ドリーム」などがある。シーナさんが亡くなった後も、69(ロック)歳になった鮎川を中心に、精力的に活動を続けており、まもなく結成40年を迎える。

 今回のドラマの主な舞台は、70年代の福岡、北九州。シーナさんと鮎川が、どのように羽ばたいていったのか。音楽でも人生でも最高のパートナーとしてともに歩んだ2人の姿をいきいきと描き出す。

 撮影は福岡市、北九州市を中心に12月、放送は来年3月を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >