2017/10/24 05:00

市村正親主演、“大人たちの青春”を描いたロードムービー 脚本は『ひよっこ』岡田惠和氏

テレビ朝日系スペシャルドラマ『最後の同窓会』11月26日放送(左から)市村正親、松坂慶子、でんでん、片岡鶴太郎、角野卓造の5人が演じる大人のための泣き笑いロードムービー。脚本は『ひよっこ』の岡田惠和氏(C)テレビ朝日
 俳優の市村正親がテレビ朝日系スペシャルドラマ『最後の同窓会』(11月26日 前10:00~11:50)に主演することがわかった。連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)などの岡田惠和氏がドラマのために書き上げた、奇妙な同窓会”からはじまる泣き笑いロードムービー。市村はじめベテラン俳優たちの円熟演技のアンサンブルで、「人生、捨てたもんじゃない!」とさわやかな思いが胸にわき上がる、味わい深い極上のヒューマンコメディーを届ける。

【場面写真】撮影現場も“同窓会”状態!?

 市村が演じるのは、小学校時代は皆のリーダーだったのに、今は冴えない主人公・高槻功。同窓会のメンバーは、幹事の坂田典夫を角野卓造、お調子者の田村実をでんでん、影の薄い米倉正一を片岡鶴太郎、そして紅一点・マドンナの花岡真知子を松坂慶子が演じる。

 還暦(60歳)の節目の同窓会に集まった、小学生時代の同級生、男女5人。ところが、「素晴らしい人生だった」と手放しで言うことができるメンバーは一人もいなかった。“定年退職後の人生に迷った男”“余命宣告を受けた男”“強盗事件を起こして逃走中の男”“鬼嫁に虐げられているマドンナ”“ひとり娘に拒まれている男”。皆、さまざまな事情を抱えており、老い先も真っ暗だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >