2017/10/24 14:03

稲村亜美、ドラフト注目は清原超えの逸材 山本昌は古巣に「とにかく強くなって」

ドラフト会議の注目選手を語った(左から)稲村亜美、山本昌氏 (C)ORICON NewS inc.
 “神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美とプロ野球解説者の山本昌氏が24日、都内で行われた『クリンビュープレスイベント2017~ゴースト汚れ撃退! レジェンドvs神ピッチング~』に参加。2人は26日に行われるドラフト会議の注目選手を語った。

【動画】稲村亜美、山本氏とストラックアウトで対戦

 注目選手を問われると稲村は中村奨成捕手(広陵)をあげた。今夏の甲子園で1985年に清原和博(PL学園)が記録した1大会最多の5本塁打を超える6本塁打を放つなどスケールの大きな捕手で、すでに広島が1位指名を公言している。稲村は「甲子園の記録も更新した。どこが取るのか。広島が取るか否か。楽しみ」と胸をワクワクさせた。山本氏は「広島は今年入った若い捕手で素晴らしい選手がいる。もしかしたら中村くんを内野で使うかもしれません。もっともっとカープが強くなっちゃうかも」と予測すると稲村は「早く見たい!」と待ちきれない様子だった。

 一方の山本氏は複数球団の競合必死となっている大スター・清宮幸太郎内野手(早稲田実業)の名前を出した。「清宮くんは重複するでしょう」ときっぱり。「ただ、こういうときは普段、競合しそうな選手を一本釣りするチームが出てくる。何人かは1本釣りが起きるんじゃないか」と予測。全員が納得した表情を見せると「プロ野球評論家ですから」と胸を張っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >