2017/10/24 15:45

『広辞苑』10年ぶりに改訂 新語に「スマホ」「朝ドラ」など1万語収録

10年ぶりに改訂された『広辞苑』
 岩波書店が24日、都内で会見を行い、中型の国語辞典『広辞苑』の第七版を来年1月12日に発売すると発表した。「スマホ」「ツイート」「朝ドラ」など、第六版刊行後に収集した10万語の候補項目の中から厳選し、現代生活に必須の新語1万語を追加で収録している。

<前回朝ドラ>『ひよっこ』有村架純&磯村勇斗の仲睦まじい2ショット

 1955年に初版を刊行して以降、「国語+百科」辞典として、今や国民的辞典と呼ばれるまでに広く浸透している『広辞苑』。今回、2008年の第六版の改訂から約10年ぶりの大改訂となり、収録語も新たに1万項目追加、140ページ増加となったが、製本機械の限界である8センチに収まるように用紙を開発し、厚さは第六版と変わらない。

 普通版と2分冊の机上版の2つが販売され、来年の6月30日までそれぞれ8500円(普通版 以降は9000円)、13000円(机上版 以降は14000円)という完成記念特別価格を設定。第六版まで販売されていたDVD-ROM版は、岩波書店からの発売を見送る方針だといい、同社常務取締役の桑原正雄氏は「紙は今の時代だからこそ残していかなければいけない。DVD版も協力してくださるところから出る可能性はあるし、電子辞書とスマホは別途検討します」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >