2017/10/26 10:00

内田春菊の次女・紅甘、過激シーンも体当たりで熱演 長谷川京子が絶賛「ゾクゾクした」

映画『光』で存在感を放つ内田春菊の次女・紅甘(右) (C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会 
 漫画家であり、女優としても活躍する内田春菊の次女・紅甘(ぐあま=17)が、三浦しをん氏の小説を井浦新主演で映画化する『光』(大森立嗣監督 11月25日公開)に出演。主人公・信之が心を奪われ、殺人を犯してしまうきっかけになるミステリアスな同級生を熱演している。

【劇中カット】難しいシーンも演じきった紅甘

 同作は、大災害で生き残った3人の男女が25年後に再会し、逃れることのできない運命に翻弄されていくさまを描く。井浦のほか、瑛太、長谷川京子、橋本マナミらが出演している。

 紅甘は、主演作『家をたてること』(2012年)をはじめ映画やドラマに出演。『第30回東京国際映画祭』の日本映画スプラッシュ部門に出品された、松居大悟監督の最新作『アイスと雨音』の公開も控えている。

 同作で演じるのは、主人公・信之(井浦)が心を奪われ、殺人を犯してしまうきっかけになる同級生・美花(長谷川)の中学生時代。妖艶な雰囲気で、信之を魅了する美花を熱演し、森で男に乱暴される過激なシーンも見事に演じきった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >