2017/10/27 08:00

爆笑問題が語るラジオへのこだわり 盟友・伊集院光との約束「タダでもいいから…」

ラジオ芸人としての思いを語った爆笑問題(C)ORICON NewS inc.
 来年で結成30周年を迎える、お笑いコンビ・爆笑問題。現在、TBSラジオで『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(毎週火曜 深1:00~3:00)と『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜 後1:00~5:00)という2つの冠番組を持つ2人だが、先月28日からはラジオ型定額制音楽配信サービス「SMART USEN」で新番組『爆笑問題のUSEN-MAN』をスタート。1週間を通してしゃべり倒している2人に“ラジオ芸人”としての率直な思いを聞いたインタビューの後編では、太田が自らの引き際にも言及した。

【写真】スーツ姿で漫才を披露する爆笑問題

■ラジオ芸人としての太田光の矜持「ラジオは生活の一部。タダでもいいからやりたい」

 『カーボーイ』は今年で20周年、『日曜サンデー』も来年で10周年を迎える。長きにわたって週に6時間も出演している“ラジオ芸人”の2人だが、どのようなスタンスで番組に臨んでいるのだろうか。一拍置く間もなく、まずは田中が口を開く。「なるべく素の感じっていうかね、普段、太田と2人でしゃべることなんてあんまりないから『この間、こんなことがあってさ…』みたいなことをラジオで話す意識は多少ありますけど、そんなに心がけるみたいなことはない。あと、始まったらお互い何を言いたいのかわからないし、その場でどういう方向になるかわからないから、素の感じでやっていますね」。一方、太田はやや考えながらゆっくりと話し出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >