2017/10/26 17:44

【東京ドラマアウォード】倉本聰氏、『やすらぎの郷』主演の可能性もあった?

『東京ドラマアウォード2017』の授賞式に出席した倉本聰氏 (C)ORICON NewS inc.
 この1年間(2016年7月~17年6月)に放送された番組で“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する『東京ドラマアウォード2017』の授賞式が26日、都内で開催された。今年4月から9月までテレビ朝日系で放送された『やすらぎの郷』の脚本を手掛け、個人賞・脚本賞を受賞した倉本聰氏(82)は、「俺がやるしかないかな」と、主演を覚悟した時があったことを明かした。

【写真】授賞式の司会を務めた石坂浩二と倉本聰氏

 授賞式の司会は『やすらぎの郷』に主演した石坂浩二(76)が務めており、「私がおめでとうございますというのも恥ずかしいですが、すばらしい脚本、ありがとうございました」と、倉本氏を称えた。

 そんな石坂に向かって、倉本氏は「とにかく皆が死なないでくれるということだけが念願だった。企画中に2人亡くなって、撮影がはじまったらあなた(石坂)が倒れて、俺がやるしかないかなって、思ったんだけど。立ち直ってくれて、よかった」と、遠慮のない物いい。無事、放送も終了した今となっては、「いつ死んでもいいですから」と、ブラックジョークを残して降壇した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >