2017/10/26 18:26

【東京ドラマアウォード】小越勇輝、『弱虫ペダル』「舞台も映像もやらせてもえて新鮮だった」

『東京ドラマアウォード2017』の授賞式に出席した小越勇輝 (C)ORICON NewS inc.
 BSスカパー!で昨年8月より全7話が放送された連続ドラマ『弱虫ペダル』(スカパーJSAT)が、“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する『東京ドラマアウォード2017』(対象期間:2016年7月~17年6月)の作品賞・衛星配信ドラマ部門で優秀賞を受賞。主演の小越勇輝が26日、都内で行われた授賞式に出席し、「素直に、うれしいです。感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを露わにしていた。

【全体ショット】新垣結衣、星野源らが出席した授賞式

 “総北高校自転車競技部”のユニフォーム姿で出席した小越は、そのほかの登壇者の中でもひと際目立っていた。「この(授賞式の)場に立つまで実感が湧かなかった」という小越だが、トロフィーを手にして、「この作品を作ろうと動いてくれた関係者、スタッフ、キャストの皆さんのおかげでここまで来ることができました。応援してくださった視聴者の皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです」と、そのリアルな感触をかみしめていた。

 同ドラマは、2008年より『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の渡辺航氏による漫画が原作。自転車競技にかける高校生たちの青春を描いたもので、12年に初舞台化され、“2.5次元”作品を代表する演目となっている。実写ドラマ化にあたっては、舞台版で主人公・小野田坂道を演じた小越をはじめ、2.5次元作品で活躍する俳優たちを多く起用し、話題を集めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >