2017/10/28 19:20

常盤貴子、大林宣彦監督に感嘆「映画の可能性を広げていただきました」

映画『花筐/HANAGATAMI』の上映後舞台あいさつに出席した(左から)常盤貴子、大林宣彦監督 (C)ORICON NewS inc.
 女優の常盤貴子、大林宣彦監督が28日、都内で開催中の『第30回東京国際映画祭』内で行われた『花筐/HANAGATAMI』(12月16日公開)の上映後舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】常盤貴子&長塚圭史が夫婦で登壇

 同作は、檀一雄氏の小説『花筐』に基づき、大林監督が40年前以上に書き上げた幻の脚本を映画化。1941年の佐賀県唐津市を舞台に戦禍を生きた若者たちの青春群像を描く物語。

 大林監督は、戦争を題材にした作品のメガホンを取るにあたり「プロにはならずに庶民、映画で言えばアマチュアの機械で始めようと思った」と回顧。信頼できるスタッフ、役者陣と作品を作り上げ「山田洋次さんは、松竹という映画会社でプロフェッショナルとして立派な映画を作ってる。私は一生、アマチュアとして弱者の立場からの個人詩、日記みたいなものを撮っていきたい」と、自身の理念を明かした。

 そんな監督にサプライズで感謝の花束を贈った常盤は「はじめに原作を読んで、それから撮影台本を読んだ。原作は短編だったけど、大林監督の脳内のフィルターを通すと、純文学ってここまで行間が広がるのかと。純文学って幅広いなって思いながら完成版を観ました」と感嘆の思いを口にした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >