2017/10/28 05:00

『世界の街道をゆく』放送2000回、坂東三津五郎・巳之助親子二代で記録達成

ミニ紀行番組『世界の街道をゆく』坂東三津五郎からバトンを受け継ぎ、ナレーターを務めて2年半。親子で築いた2000回の記録に感慨ひとしおの巳之助(C)テレビ朝日
 テレビ朝日で平日の夜に放送されているミニ紀行番組『世界の街道をゆく』(月~金 後8:54~9:00※関東ローカル)が、27日の放送で2000回に到達した。父・坂東三津五郎(享年59)から番組を受け継ぎ二代目ナレーターを務める坂東巳之助(28)は、その喜びを語るとともに、今後の目標として堂々の“父超え”を宣言した。

【写真】ナレーション収録の様子

 2009年10月1日より、キヤノンの一社提供により、さまざまな歴史を刻んできた世界各地の街道を訪れる紀行番組としてスタートした同番組。毎月ひとつの街道を取り上げ、そこで出会う人々の営みや自然の魅力的な表情を、穏やかなナレーションとともに、スチールとムービーを融合させた映像表現で届けてきた。

 初代ナレーターは歌舞伎役者の十代目・坂東三津五郎が務め、15年2月21日に亡くなるまでの5年半、明快かつ奥行きのある口跡で計1331回、65本の街道を紹介。同年5月からは、息子の坂東巳之助が父の仕事を受け継ぐ形で二代目ナレーターに就任し、約2年半、30本目の街道で放送2000回の節目を迎えた。これまでに訪れたのは54の国と地域の97ルート、総移動距離は約12万4千キロにもなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >