2017/10/28 17:04

広瀬すず、500人の観客と共にサプライズで「好きになってもいい?」と生田斗真に公開告白

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台挨拶に登壇した(下段左から)三木孝浩監督、広瀬すず、森川葵、(上段左から)中村倫也、竜星涼、健太郎
 人気コミックを実写化した、映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』が28日、公開初日を迎え、都内で行われた舞台挨拶に、生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が登壇。

【写真】初日舞台挨拶に登壇した広瀬すず

 盛大な拍手と黄色い歓声に包まれる中、まずは主演を務めた生田が代表して「いよいよ『先生!』が公開初日を迎えました。この作品がたくさんの方に届くと信じています!」と挨拶。続く広瀬も「初日から足を運んでいただきありがとうございます。もう公開したんだなと思うと寂しい気持ちになりますが、たくさんの方に愛される作品になればと思います」と笑顔で語る。

 この日の舞台挨拶では、劇中で印象的な、響の「未来で“後悔”したくないから。今は一番好きな人を好きでいたい」と伊藤先生への想いを叫ぶシーンにかけ、キャスト陣らが“公開”日に、“後悔”しないよう、『今だから言える、初めての告白』を暴露するという企画を実施。

 まずは広瀬が「もしかしたらもう気づいているかもしれないのですが……」と静かに口を開くと、「ウエディングドレスを着た響と伊藤先生との屋上でのキスシーンで、お昼ご飯にカレーを食べたんです。お昼ご飯が二種類くらいあって。生田さんに『どっち食べる?』って聞かれてカレーを選んだのですが、『本当に(カレーを)食べるの?』ってマネージャーさんから呼ばれて…(笑)。告白するなら今かなと」と暴露。対する生田は「全然気づかなかった!」と驚いた顔を見せ、広瀬は「『広瀬すず、カレー選ぶんだ……』と思われるかなってドキドキしていました(笑)」と可愛らしい告白で場を和ませる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン