2017/10/30 17:46

生田斗真、菅田将暉のツッコミは「頼もしい」 初共演舞台が開幕直前

『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』ゲネプロの模様(左から)菅田将暉、林遣都(撮影:宮川舞子)
 俳優の生田斗真と菅田将暉が初共演する舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。きょう30日19時からの開幕を控え、最終けいこを終えた2人と翻訳・演出を担当した小川絵梨子氏のコメントが公開された。

生田斗真&菅田将暉が新進気鋭演出家とタッグ

 『ハムレット』での端役コンビで、しかも最後は登場さえもさせてもらえず、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ…」の一行で片づけられてしまった2人組「ロズとギル」。この2人を主人公にした同舞台は、斬新な発想で新たな劇世界を生み出した劇作家トム・ストッパード氏の金字塔的な作品。生田がロズ、菅田がギルを演じる。

 生田は「哲学的な要素や言葉遊びが多い戯曲で、何重にも入れ子構造になっているので、丁寧に台本を読み解いていく小川さんのけいこが、とても有難かったです」と振り返り、「実質は死に向かう殺伐とした物語なのに、ロズがボケてギルが突っ込むテンポ良い掛け合いの面白さが楽しめるのもこの戯曲の魅力です。関西出身の菅田君は、何をやっても絶妙の間合いで突っ込んでくれるのが頼もしい! なんだか普段の会話もロズとギルみたいになっています(笑)」といい関係が築けた様子。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >