2017/11/01 06:00

野村周平主演『電影少女』初のドラマ化 原作・桂正和氏「ワクワク」

野村周平主演、桂正和氏の代表作『電影少女』が初ドラマ化。1月期のテレビ東京土曜ドラマ24枠で放送
 俳優の野村周平主演で、漫画家・桂正和氏の代表作『電影少女』が初めてドラマ化されることがわかった。『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』と題して、1月期のテレビ東京系土曜ドラマ24枠(毎週土曜深夜)で放送される。原作は、1989年から92年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、単行本の累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔。野村も「原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。楽しみに待っていてください」と、心して挑む。

【写真】プロデューサーが例えに使った『ブレード・ランナー』

 ドラマの舞台は2018年。原作漫画の25年後の世界を描く。野村が演じるのは、高校生・弄内翔(もてうち・しょう)。原作の主人公・弄内洋太(もてうち・ようた)の甥だ。

 親が離婚し、叔父・洋太の家に居候することになった翔は、同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いており、翔の恋の行方は雨模様。家庭も学校もうまくいかない、そんなある日、1本のビデオテープを見つける。ホコリをかぶったビデオデッキで再生してみると、画面から飛び出してきたのは、25年前に封印された“ビデオガール”だった!? 翔とビデオガール・アイの奇妙な共同生活が始まる。なお、原作の“ビデオガール・あい”はひらがな表記、ドラマの“ビデオガール・アイ”はカタカナ表記で区別。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >