2017/11/04 08:10

脚本家・岡田惠和が語る“朝ドラ”「独特のリズムがあり、まるでトライアスロン」

『ひよっこ』の脚本を手がけた岡田惠和氏 (C)oricon ME inc.
 オリコンのエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年4月期(第9回)の結果を発表。「脚本賞」は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』を手がけた岡田惠和氏が受賞した。その岡田氏に、有村架純の起用理由や個性的なキャラクターのキャスティング、同ドラマ脚本についての裏話を語ってもらった。

【写真】『ひよっこ』ではつらつとした笑顔を見せる有村架純

◆キャスティングにすごく自信があったので、どの側面からでも脚本が書けました

――脚本家賞を受賞したことについて感想をお願いします。
【岡田】 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』で脚本家賞に選んで頂けたことは、非常に嬉しいことです。苦しい時も多々ありましたが、私自身できる限りの仕事をしたと思っております。もちろん、出演者や演出陣に助けていただいたので、その総合評価でもあります。また、ドラマの視聴者に脚本を評価していただけたことに、とても誇りを感じています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >