2017/11/04 16:39

岸井ゆきの、映画初主演で成長実感「考え方が前向きになった」

岸井ゆきの(中央)が映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の初日舞台あいさつに登壇 (C)ORICON NewS inc.
 女優の岸井ゆきの、森ガキ侑大監督が4日、都内で行われた映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の初日舞台あいさつに出席。今作で映画初主演を飾った岸井は、封切りを迎えた心境を問われると「主役ってどうしたらいいんだろうと思ったけど、森ガキ組が私たち俳優部が居やすい環境を作ってくれた」と監督・スタッフ陣への感謝を口にした。

【写真】映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』キャスト

 続けて「そのおかげで気負いすることなくお芝居ができたと思います。本当に感謝しています」と語ると、今作を通じて「すごく考え方が前向きになりました」と笑顔。共演陣をチラリ見ながら「皆さんに支えられてですけど、私でも真ん中に立たせていただいた。一人でやってるんじゃないと思いました」と充実感たっぷりの表情で語った。

 同作は、祖父の葬儀をきっかけに集まった家族が、ある事件をきっかけに本音をさらけ出していくホームドラマ。撮影秘話として岸井が「もうとにかく(ロケ地の)熊本が暑かった。熱中症でカメラマンが倒れちゃうくらい…」と暴露すると、森ガキ監督は「そればっかり言わないで」と苦笑いしていた。

 舞台あいさつにはそのほか、岩松了、美保純、岡山天音、光石研、小野花梨、赤間麻里子、池本啓太、大方斐紗子、松澤匠、原作・脚本の山崎佐保子氏が出席した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >