2017/11/05 08:30

MIYAVIのエネルギー源「自分自身にドキドキし続けたい」

『音楽は国境を超える』ことを示す存在になりたいと語るMIYAVI 撮影/RYUGO SAITO(C)oricon ME inc.
 ピックを使わずに指ではじいてギターを演奏する“スラップ奏法”で、世界で注目される“サムライ・ギタリスト”MIYAVI。2017年はソロデビュー15周年にあたり、最近ではアンジェリーナ・ジョリーに見初められ、ハリウッド映画デビューを果たすなど、新たな舞台での活躍も目覚ましい。そんなMIYAVIのさまざまな舞台で活躍するエネルギーの源や、11月8日にリリースする新アルバム制作秘話を語ってもらった。

【写真】カメラの前でスラップを披露するMIYAVI

■スラップの次は、ギターで奏でる旋律とハーモニー

 2012年に、ジャンル・キャリア・国境を越えてさまざまなアーティストと一緒に創った対戦型アルバムの第二弾『SAMURAI SESSIONS vol.2』。MIYAVI個人のオリジナルアルバムではなく、他のアーティストとのコラボという形にしたその想いを聞いた。

 「世界に素晴らしいギタリスト達がたくさんいる中で、ずっと、いちアジア人である自分が西洋の楽器ギターを弾く意味みたいなものを考えてきました。そして“日本のギター”である三味線に辿り着いたんです。三味線のように一音一音にパッションや衝動を込めるスラップ奏法に辿り着いてから創ったのが、『SAMURAI SESSIONS vol.1』だった。三味線の上妻宏光さん、フラメンコギターの沖仁さん、KREVAさん、細美武士君らが参加してくれて、僕のギターとぶつかり合った摩擦や情熱をパッケージしたものが最初でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >