2017/11/06 16:58

【わろてんか】寄席を開くぞ!“笑売編” 新キャストが続々

連続テレビ小説『わろてんか』より(左から)ヒロイン・てん役の葵わかな、藤吉役の松坂桃李(C)NHK
 NHKで放送中の連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)は、6日放送の第6週・31回からヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、笑いをビジネスにしていく世界へ一歩ずつ足を踏み入れていく「笑売編」がスタート。新キャストも続々、登場する。

【写真】大阪のおもろい(?)人々

 31回に初登場したのは、経営不振で廃業した寄席の元席主、かめい庄助(しょうすけ)役の内場勝則(吉本新喜劇)。てんと藤吉がその寄席を売ってほしいと日参するも、頑固な亀井はまったく相手にしない。だが二人の心情を知り、愛着ある寄席を二人に託してさっそうと去って行くが、なぜか舞い戻ってくる。

 連続テレビ小説は『あすか』以来18年ぶりの出演となる内場。「もうそれだけ年月が経ったんだ、初老の男性役をやるようになったんだ、といろいろと感慨深いですね。今回のドラマは舞台が大阪ですし、テーマも“お笑い”なので、縁を感じます。『あすか』の撮影当時に生まれた娘が、いまでは19歳。ヒロインの葵さんは娘と同じ歳ですし、何のためらいもなく、娘と同じ年頃のてん(葵)に感情移入でききてしまう、そんな自分が少しイヤです(笑)」と、心にしみるものがあるよう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >