2017/11/07 05:00

古舘伊知郎、「本能寺の変」一部始終を実況する 「場違いなものが出会う快感」再び

テレビ朝日系で今冬放送『古舘トーキングヒストリー~戦国最大のミステリー 本能寺の変、完全実況~』出演者(左から)大杉漣、古舘伊知郎、筧利夫(C)テレビ朝日
 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、日本史に残る大事件の実況に挑むという、斬新なアイデアで高評価を得た『古舘トーキングヒストリー』の第2弾が決定した。大杉漣、筧利夫、津田寛治、中尾暢樹らの出演で「本能寺の変」を完全再現。古舘は、スーツ姿で戦国時代に降り立ち、日本史上永遠のミステリーと言われる本能寺の変の知られざる真実に迫る。

【写真】森蘭丸役の中尾暢樹は時代劇初挑戦

 昨年12月にテレビ朝日系で放送された『~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~』は、平均10.8%の視聴率を記録し、第43回放送文化基金賞・番組部門、平成29年日本民間放送連盟賞・エンターテインメント番組部門の、いずれも優秀賞を受賞。

 古舘は「去年の『忠臣蔵』が非常におもしろく、1回で終わらせたくないと思っていましたし、賞を2つもいただいたということで、そんな番組にまた参画させてもらうことができ本当にありがたく思います」と、やる気満々。

 今回は、約430年前に起こった、家臣・明智光秀が主人・織田信長を殺したと伝わる「本能寺の変」。日本の歴史を語る上で欠かせない大事件でありながら、その理由に定説がないため小説、映画、ドラマでさまざまな描かれ方をしてきた。そんな謎めいた「本能寺の変」を、明智側、織田側、さまざまな視点で記された資料をひも解き、全方位的に徹底検証する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >