2017/11/07 20:48

荻野由佳、NGT48シングル初センター曲MV“号泣シーン”への想い「そのとき溢れ出てきた感情が映されている」

NGT48 2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」MUSIC VIDEO より(C)AKS
 今年のAKB48選抜総選挙で速報1位、確定5位で「神7」入りの大波乱を起こし、一躍“時の人”となったNGT48荻野由佳。彼女を初センターに起用した NGT48の2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』(12月6日発売)のミュージックビデオが、YouTube で期間限定フルバージョンで公開された。

【写真】ダンスシーン/NGT48 2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」MV

 荻野は、今回のMVの撮影時の感想を以下のように振り返る。

「山戸(結希)監督とは、撮影前に2人で色々お話をしました。フェンスに体を当てて号泣するシーンの撮影の前に、撮影場所の学校のグラウンドを歩きながら、山戸さんが今回のMVにかける思いを細かくお話してくれました。そして、お互いの夢について語り合いました。山戸さんの監督にかける想いと私のアイドルにかける想い。お互いの現状や夢を語り合い、MVへの感情移入から始めました。そして私
は山戸さんに“トップアイドルになりたい”と言いました。その瞬間、今までのNGT48に加入するまでの道のりや悔しかったことが一気に蘇ってきました。その時、山戸さんは“今だ!行け!”と、すぐにカメラを回しました。そのシーンは本当にその時に溢れ出てきた感情が映されていると思います。全体撮影でも、本当に細かいところまでこだわって下さり、メンバーと山戸さんの気持ちが一つになって創られたMVです。私たちの世界観をここでみていただけたらな、と思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >